本は図書館で、蔵書確認はカーリルで

books-768426_640

私は日頃から、お金を使うときには感情に任せて買ってしまうのではなく、
「時間」と「場所」が適切かどうか考えてから使うようにしています。

「今この場所で」必要なものにはお金を出しますが、
そうでないものについては、もっと安くすむ方法は無いかと考えます。

時間をずらせばお金をかけずに済むものの代表と言えるのが、「書籍」だと思います。

スポンサーリンク

図書館を活用しよう

現在取り組んでいる仕事に必要な知識を得るためですとか、
周りと話を合わせるために流行りの本を読むような場合は別ですが、
急いで読まなければいけないということは稀で、
いつか読みたいなというものばかりかと思います。

そんな本を読むには全国どこにでもあって、無料で本が借りられる、
図書館」という便利な施設を活用するのがベストな解決策です。

私の場合、自宅から歩いて5分ほどの場所に図書館があり、
自転車を使えば隣接する自治体の図書館にも行けるので積極的に活用しています。

ただ、新刊が入荷しているか調べるのに毎回キーワード検索するのは大変ですし、
予約可能数以上の読みたい本をリスト化しておくこともできません。

私はそれらの問題を「カーリル」というサービスを使って解決しています。

カーリルってなに?

カーリルとは全国の図書館に蔵書されている本を検索できるサービスです。

カーリルは全国7000以上の図書館から書籍とその貸し出し状況を簡単に横断検索できるサービスです。

1度だけ、自分が借りることのできる図書館を登録しておき、
読みたい本を検索すると、キーワードに該当する本が一覧で表示され、
登録した図書館にそれらの本が所蔵されているかすぐにわかります。

calil_search

予約したい場合は、本の画像をクリックして詳細ページに行き、
「予約する」ボタンをクリックすると、図書館の予約ページに飛ぶので、
すぐに予約することができます。

すぐに読まない本は「読みたい」ボタンを押すと、
読みたいリストに登録され、
読みたいリストページで、検索と同じように貸し出し状況が一覧で確認できます。

calil_list

所蔵されていなくても読みたいリストに登録することができるので、
時々、入荷しているか読みたいリストをチェックするといった使い方ができます。

また、詳細ページではAmazonへのリンクもあるので、
急ぎ必要な場合はポチることもできます。

登録は簡単

カーリルへの登録は、メールアドレスもパスワードも必要なく、
twitter、facebook、googleなどのアカウントと連携させる方式です。

calil_login

自分の利用しているサービスのボタンをクリックして、
「カーリルがアカウントを利用してもいいか?」という質問に
「Yes」と答えるだけで連携が完了します。

秋の夜長に図書館とカーリルでお得に過ごしてみてはいかがでしょうか。